かゆそうな姿がかわいそう

産まれたての赤ちゃんはまだ羊水にいたなごりがあるから、肌がボロボロしていても気にしなくていいよと言われていたので特に気にしていなかったけれど、一皮むけてきれいになるはずの3か月頃からカサカサが治らなくて気が付きました。

 

赤ちゃん本人もかゆいらしく自分でかいてしまうので血がでてかさぶたになって、それをまたかきむしっての繰り返しの状態でした。

 

日中もかきむしってしまうのですが、一番ひどいのは寝ているときで(どうやら体温があがるとかゆさが増すようです)寝ながら全身かきむしってしまう状態です。

 

症状に気づいてからは、本当にかわいそうでかゆがってなくわが子を見るのもつらかったです。

 

変われるものならかわってあげたいという言葉がまさにその心境でした。

皮膚科でもらった保湿剤

まだ本当に小さい赤ちゃんだったので、薬局などの市販の薬を独断でつかうことに抵抗がありました。

 

ネット社会だからといって、情報がありぎてどうしたらいいか余計にわからなくなりました。

 

なので、皮膚科を受診しました。

 

健診のときに相談しましたが小児科の先生は皮膚に関してはあまり相手にしてくれない感じがあったので、皮膚の専門科に行きました。

 

そこで「ステロイド」を使うか使わないかになりましたが、そこの先生はステロイドは極力使いたくない方針だったので(私もまったくの同意見)信頼してみてもらいました。

 

そこでは、プロペトという薬をもらいました。

 

保湿してくれる薬です。

 

毎日、カサカサしたなと思ったら塗るという感覚で使用しました。

 

ぬりはじめてから、最初にくらべたら格段とよくなったと感じます。

根気よく続けることが大事

プロペトを使用して1年になりますが、子供の皮膚は先生いわく「根気強く」だそうなので、今現在も、格闘しています。

 

ステロイドを塗ってしまえば、すぐに治ってしまうのかもしれませんが、一時の治りではなく一生の治りを考えているのでこれから先も根気強く頑張ろうと思っています。

 

一日義理実家に帰省したときに、プロペトをぬり忘れたとき、次の日はそれはそれはかゆくてかきむしり血だらけになりました。

 

そこから考えると、やはり効果はあるのだと思います。

 

目に見えてよくなっているかといわれたら、ステロイドにはかないませんが、最初に言ったとおり、一時の治りではなく完治を目標にしているので、少しずつでもよくなっていることが大事と考えています。